深大寺の歴史

深大寺の歴史

  • 武蔵野の水と緑と寺と蕎麦
  • 深大寺真名縁起
  • 深大寺開創と水神「深沙大王」
  • 東国第一の台密道場へ
  • 「元三大師自刻像」を迎える
  • 「長辯」の活躍と中世深大寺
  • 「元三大師信仰」大いに振るう
  • 深大寺悠久の一三〇〇年
  • 東日本大震災について

武蔵野の水と緑と寺と蕎麦

深大寺界隈(かいわい)は週末ともなれば、寺をとりまく自然や、名物の深大寺蕎麦にひかれ、家族連れ、老若男女で大いに賑わいをみせます。
蔵野の面影を残す深大寺周辺は、昭和三十六年に開園した隣接の都立神代植物公園とあわせて都人好個の散策地、憩の場所として有名です。

詳細を見る
イメージ画像:武蔵野の水と緑と寺と蕎麦

深大寺真名縁起

過る平成十三年盛夏、深大寺の新梵鐘(ぼんしょう)開音法要が行われました。南北朝時代、永和二年(一三七六)の洪鐘(こうしょう)にかわり、六百余年ぶりに平成新鐘の梵音が武蔵野に響き渡りました

詳細を見る
イメージ画像:深大寺真名縁起

深大寺開創と水神「深沙大王」

『縁起』によれば、深大寺を開いた満功上人(まんくうしょうにん)の父、福満(ふくまん)が、郷長右近(さとおさうこん)の娘と恋仲となりましたが、右近夫妻はこれを悲しみ、娘を湖水中の島にかくまってしまいます。

詳細を見る
イメージ画像:深大寺開創と水神「深沙大王」

天台の法流を汲み、東国第一の台密道場へ

平安時代、清和天皇の貞観年中(八六〇年頃)、武蔵の国司蔵宗(こくしくらむね)が反乱を起こし、この降伏を祈念するために、修験の達者である比叡山の恵亮和尚(えりょうかしょう)が勅命をうけ東国に下りました。特に恵亮和尚は深大寺を道場に定めて、逆賊降伏の密教修法を行ない、その平定の功により清和天皇は、近隣七ヶ村を深大寺に寄せられ、寺を恵亮和尚に賜りました。

詳細を見る
イメージ画像:天台の法流を汲み、東国第一の台密道場へ

比叡山より「元三大師自刻像」を迎える

加えて、正暦二年(九九一)第十八代天台座主慈恵大師良源(じえだいし りょうげん)大僧正の自刻像が、大師の高弟である慈忍(じにん)和尚、恵心僧都(えしんそうず)両師の意を受けた寛印により遥か叡岳より深大寺に遷座されました。

詳細を見る
イメージ画像:比叡山より「元三大師自刻像」を迎える

文才の僧「長辯」の活躍と中世深大寺

ところで、当山の来歴をたどる上で貴重な資料が残っています。室町の初期、深大寺には文筆に秀でた僧「長辨(じょうべん)」が住し、深大寺のみならず広く多摩川各地の社寺豪族の勧進、施入、祈願、諷誦を依頼されては大いに筆を振るいました。その文集が『私案抄』です。

詳細を見る
イメージ画像:文才の僧「長辯」の活躍と中世深大寺

「元三大師信仰」大いに振るう

徳川期、深大寺の元三大師出開帳が明和二年(一七六五)七月と文化十三年(一八一六)六月の二回、両国の回向院(えこういん)で執行されています。

詳細を見る
灯籠

「白鳳仏の微笑」深大寺悠久の一三〇〇年

慶応元年(一八六五)、またもや深大寺諸堂は炎上します。霊仏寺宝の数々は幸いにその難を逃れますが、建造物は山門と常香楼を残すのみとなり、その再興途上に明治維新を迎えます。

詳細を見る
イメージ画像:「白鳳仏の微笑」深大寺悠久の一三〇〇年