厄除元三大師大祭やくよけがんざんだいしたいさい・だるま市】(3月3日・4日)

元三大師大祭 だるま市


深大寺の諸行事中、最大の行事が「厄除元三大師大祭」です。例年、深大寺山門の紅梅白梅が見ごろを迎える3月3日、4日の両日にわたり執行され、朝から元三大師様のご霊験を崇める10万人余の人々が、押し寄せるように境内を埋め、元三大師堂では諸願成就の大護摩供が終日厳修されます。江戸時代の文献には、参詣者が「近郊近在より群参す」と記されているほど、深大寺の元三大師大祭は歴史と伝統のある行事です。

pic元三大師様のご霊験は今でも多くの人々に篤く信仰されています。また、これにあわせて境内では大師様のご威力にあやかる縁起だるま市も開かれます。「日本三大だるま市」の1つとして、また東京に春を呼ぶ深大寺のだるま市としてその知名度は全国的です。寺の境内には大小約300余の縁起だるま店を中心とした店が並び、それを買い求める参詣者で身動きがとれないほどになります。



pic厄除元三大師大祭のクライマックスは、3日、4日のそれぞれ午後2時より執行される「お練り行列」、百味献膳の儀式です。雅楽衆を先頭に、いなせな木遣り衆、裃に統一した講中とともに袍裳金襴七条袈裟に身を包んだ高僧が境内を進む煌びやかなお練り行列は圧巻で、まさに平安絵巻さながらの優雅さであり、大祭中最大の見せ場です。深大寺のそれは、百味講という江戸時代から続く講中により大師様の宝前に供物が奉献されるなど大規模に執行され、比叡山以外では滅多に聞くことのできない天台宗に古くから伝わる聲明が、雅楽の調べとともに厳かに唱えられます。

だるまの目入れについて

だつまの目入れについて

買い求められたダルマは元三大師堂前の特設『だるま目入れ所』にて僧侶により直々に目入れをいたします。これはダルマの目に梵字(インドの古い文字)を入れるという深大寺独特のもので、古来「阿吽の呼吸」という言葉より、新しく求めたダルマの左目には物事の始まりを意味する「阿」字を入れて開眼し、心願叶ったダルマの右目には物事の成就を意味する「吽」字を入れ感謝の意を込めて寺に納めます。

〖だるま目入れ所〗
場所: 元三大師堂前
日時: 3月3、4日 9時~17時

だるま市(3月3日、4日) 護摩祈願時間


※詳細が確定しましたらご案内いたします。



「だるま市」特別護摩札

だるま市当日に護摩祈願をお申込みされた方には、角大師(元三大師)のお姿を印した、特別護摩札をお授けいたします。


だるま市限定護摩札


だるま市限定朱印


だるま市(3月3日・4日)限定朱印

紙のみの頒布になります

だるま市限定朱印

※写真はイメージです。

500円
がんざん大師だいしお姿入り
散華さんげ付き


車両祈願について

3月2,3,4日は、境内への駐車、お車の前での安全祈願はお受けできません。
元三大師堂内においての運転者様の安全祈願のみとなります。ご了承ください。


交通に関する注意事項

元三大師大祭期間中(3月3日・4日)は、公共の交通期間でお越しください。
深大寺通り 両日とも一方通行(10:00~16:00)
※三鷹通りから進入は不可。武蔵境通りより進入下さい。

通常期間の交通アクセスはこちら